機械式時計と電池式時計

さて、10周年アクセに時計を贈ろうと考えても、どのような時計が良いか迷ってしまいます。

時計のタイプを大きく2つに分類すると、機械式時計と電池式時計に分けられます。

機械式時計には、手巻きと自動巻きがあります。

手巻き式は、文字通り手でリューズと呼ばれる突起を回してゼンマイを巻きます。

自動巻きは、機械の中にローターと呼ばれる重りがあり、腕の動きで重りが回り、その動力を利用してゼンマイを巻きます。

ロレックスやフランクミューラーなど高級時計はほとんどが機械式です。

電池式は、クオーツや電波時計などに代表されます。



機械式時計の特徴について

機械式時計は、電池式に比べて高級感があり、単なるアクセサリーの域を超え、工芸品、芸術品の趣があります。

一度スケルトン(裏蓋が透明で中が見えるタイプ)の時計を覗いてみると、きっと感動するでしょう。

また3年おきぐらいにオーバーホールのメンテナンスをすれば、何十年も証する事が出来ます。

100年以上前の懐中時計もメンテナンスがしっかりしているものは今でも時を刻みます。

カチカチという機械音がなんともノスタルジックな感じがします。

時計を耳に当てて音を聞くと、なんだか安らかな感じさえします。




しかし、良い所ばかりではありません。

機械式時計は、調整にもよりますが、電池式時計より精度という点で劣ります。

時々時間合わせが必要となります。

手巻き式は巻かないと動きませんし、自動巻きも2日ぐらい腕から外していると止まってしまいます。

最近では、ワインディングマシーンという電池で時計を強制的に回してあげる機械があります。

ワインディングマシーンを利用すると、自動巻きの時計を外している時でも動きが止まる事はありませんので便利です。

また、電池式と比べ、どうしても時計本体の厚みが大きくなり、また重量も重くなってしまいます。

慣れれば気にならないのですが、ロレックス(ROLEX)やオメガのスポーツタイプなど、かなり重い感じがします。

逆に、それが良いのですけれど。



電池式時計の特徴について

電池式の良い所は、メンテナンスフリーな事。

機械式時計のようにオーバーホールの必要はありません。

精度もご存知のように正確ですので、時間合わせはほとんど必要ないでしょう。

また、機械式時計と違い、デザインの自由度があるので、薄くて軽い時計を作る事が出来ます。


ただ、突然電池がなくなった場合はどうする事も出来ません。

日本では電池はどこにでもありますが、電池の入手が困難な場所や、登山、ダイビング、宇宙飛行士など、突然時計が止まっては大変な場合があります。

ですから、登山家やダイバーなどは今でも機器式時計を使用するのです。



このように機械式、電池式にもメリット、デメリットはあります。

こればかりは、お好みで選択するしかありません。


個人的には、機械式のほうが高級感がありお奨めです。


時計選びの始めに、まず機械式か電池式かを決めると、10周年アクセの時計を選択しやすくなります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。